fc2ブログ

『黄昏乙女×アムネジア』 ニノ怪「邂逅乙女」

2012年04月23日22:30

私立誠教学園――。

中学校舎と高校校舎が幾多の増築で絡み合い、継ぎ接ぎの構内は六十年の歳月を閉じ込めていた。


物置と化した教室。
誰も昇らない階段。
袋小路の廊下。

迷路のように入り組んだ建築物はいくつもの怪異の噂を産み落としていた。





旧校舎で道に迷った貞一(ていいち)

ふと、旧校舎にまつわる怪談を思い出してしまいます。



どこかにある大きな鏡。

その鏡の前では何があっても絶対に振り返ってはいけない――。



そんな噂を思い出していると、とある部屋でその鏡を見付けてしまいます。


すると、どこからともなく彼の名を呼ぶ声が・・・

taso006.jpg

突然現れた少女に腰を抜かす貞一





彼女に出口を案内されながらふと、何故彼女はこんなところにいたのだろうかという疑問が浮かびます。


すると彼女は何の迷いもなく、自分は旧校舎の幽霊だと答えます。


唐突すぎて理解ができない貞一



もし幽霊なら触ることはできないだろうと手を伸ばします・・・

taso007.jpg

形はどうであれ、触れた。





自分がどうやって死んだのか覚えていない。

記憶がなく、未練も恨みもない。
知りたいとも思わないと。



庚夕子(かのえゆうこ)と名乗った彼女。

貞一が自分に興味があると思った彼女は、“見せて”あげると一言。


すると突然・・・。

taso008.jpg










夕子の発案で、「怪異調査部」なるものを設立。

生徒らしく、部活でもしようということらしいですが・・・。



すると早速お客がやってきます。

taso009.jpg

彼女は「隠れ鬼」という一人遊びをしていたそうですが、それを終えることができなくなったとか。

一体彼女の身に何が起きているのか!?



『黄昏乙女×アムネジア』の公式サイトはこちらから!



貞一夕子との出会いの話。

旧校舎で道に迷った彼は、大きな鏡のある部屋で彼女と出会います。
自称幽霊という彼女に半信半疑だったのですが・・・。

「怪異調査部」という部活を設立した二人。
そこへ早速お客が現れます・・・。


よろしければランキングのご協力お願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント