スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重い内容も魅力の一つ?『幻影ヲ駆ケル太陽』

2013年08月05日22:30

手が付かず、後回しにしていた今期のアニメの一つ『幻影ヲ駆ケル太陽』

genei_akari.jpg

絵がロリロリしてるので、どうかな~って思って観たんですけど……










重い話だった……orz
(いい意味でw)










ですが、思わず続けて観てしまいましたねw

こういう重い展開、暗い話は結構好きです(*´艸`)





『魔法少女まどか☆マギカ』が大ヒットしたのは記憶に新しいと思います。

実は食わず嫌いしていたのですが、友人に勧められて観てみたら、見事に
ハマってしまった作品の一つ。

当事、絵と内容のギャップに違和感を感じずにはいられませんでしたw



『幻影ヲ駆ケル太陽』も同じような感じで、食わず嫌いになりかけてましたw

今回は自発的に観たのですが……(冒頭に戻る)










さて、ここで『幻影ヲ駆ケル太陽』を知らない人のために、どんなお話なのか
ご紹介しておきましょう!



【イントロダクション】
 遥か古の時より、この世は二つのタロットカードに支配されてきた

 罪なき人間の魂を食らい、
 それを糧として数々の不幸を引き起こす悪魔のタロット
 「ディアボロス・タロット」

 そして、それに対抗するのは自然の力を根源とする
 「エレメンタル・タロット」

 22の血族から選ばれた少女たちは
 エレメンタル・タロットの使い手となり、人知れず闘いに身を投じる

 世界のバランスを維持するために

 耐えがたき罪悪感を抱えながら

 処刑人か、救世主か―


 これは、
 逃れられない運命を背負った少女たちが繰り返す、
 永い永い闘いの物語です―



【第一話あらすじ】
genei01.jpg
 主人公は占い師だった亡き母親に憧れる女の子・太陽 あかり。
 タロットが大好きで、伯父の家に下宿しながら占い師のアルバイトをしている。
genei02.jpg
 ある日、自宅で寝ているところを異形の生物に襲われる。
 生命の危機に晒された瞬間、彼女は「エレメンタル・タロット」の使い手として
 覚醒する。
genei03.jpg
 気が付くと、自分に似た誰かが異形の生物と戦っている映像が強く残っていた。
 悪夢にうなされただけだと思った彼女の目に映ったのは、床一面に広がる
 血の海に横たわる伯父夫婦の娘で従姉妹の冬菜(ふゆな)の姿だった……。





人間の負の感情を糧にして人間を悪魔に変えてしまう「ディアボロス・タロット」。
悪魔に対抗する力こそ「エレメンタル・タロット」の使い手たち。

ここで言う悪魔は、元は人間。
悪魔を殺せば、必然的に元の人間も……。


ただ、悪魔になった人間は死ぬと同時に存在そのものが無かったことになります。
たとえ家族でも、その存在が記憶から消えてしまうのです。

つまり、悪魔になった冬菜が死んだため、伯父夫婦は娘がいなかったことになり、
あかりも従姉妹がいなかったことになります。


すべてはなかったことに――。



しかし、一度覚醒したあかりを待っていたのは過酷な運命でした。
一時的に封印されていた冬菜の記憶が蘇り、すべて思い出してしまいます。

そして、「エレメンタル・タロット」の使い手として戦いを強いられることに……。





といった感じです(ノ∀`)

簡単にまとめた割には結構時間かかってしまいましたw
重いとか言いながら、説明ヘタでごめんなさいヾ(+_+;)ノ


興味がある方はチェックしてみてくださ~い!



■TVアニメ『幻影ヲ駆ケル太陽』公式サイト
 http://www.geneitaiyo.com/#!/top





よろしければランキングのご協力お願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。