スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二次受付中の「リバウ」がカッコイイ!

2013年11月01日22:00

バンダイプレミアムから限定発売となるガンプラが気になる!


『機動戦士ガンダムUC』MSVより、キット化されたリバウ。

リバウ01
リバウ02
リバウ03

『機動戦士ガンダムZZ』に登場したネオ・ジオン軍の量産型可変MSバウが
リファインされて登場!


【AMX-107R リバウ(REBAWOO)】
かつてハマーンのネオ・ジオンで開発された「バウ」を『袖付き』により大幅な
改修が行われた可変モビルスーツ。
上半身(リバウ・アタッカー)のコックピット周辺と下半身(リバウ・ナッター)の
機首部分にサイコフレームを採用し、パイロットの感応波によって完璧な
分離連携機動が行えるようになった。
華美な装飾と赤い機体色は、「リバウ」が幻のフル・フロンタル専用機として
用意されていたことの証でもあり、「シナンジュ」の入手が確定した後には、
他の搭乗者によって複数の実戦に参加していたという証言が残されている。





バウと言えば、変形分離の印象がとても強いですね。
Vガンダムも同じように上半身と下半身が分離して、独立した戦闘機として
機能していましたが、『ZZ』の時代にその技術を確立していたネオ・ジオン。

さすがジオン脅威のメカニズムですよ!


しかし、下半身は無人機となるため、扱いが難しいという欠点があったため、
後期生産分は変形機構がないタイプもあったとか。

そして、どことなく何かのガンダムにシルエットが似ているような……w


それもそのはずで、Zガンダムのデッドコピーと呼ばれるだけあって、バウは
ジオンのガンダム的な存在なのです。





そんなリバウ。
フル・フロンタルが搭乗予定であったためか、シナンジュを彷彿させる武装が
伺えます。

リバウ04
リバウ05

サザビー登場以降、ビームアックスといった武器が使われているのも特徴。
この武器カッコイイよね!





そんな訳で、現在バンダイプレミアム公式サイトにて二次受付が開始されて
おります。
生産数には限りがありますので、ご予約はお早めに~ヾ(`∀´*)ノ


■バンダイプレミアム『リバウ』商品紹介ページ
 http://p-bandai.jp/hobby/special-1000003259/





よろしければランキングのご協力お願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。