スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』4月より世界配信!!

2015年03月05日22:00

ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨンmv01
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨンmv02

テレビアニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』の新情報公開!

2つの新ビジュアル、スタッフ、そして配信情報が発表されました。
配信はニコニコ動画を始め、dアニメ、バンダイチャンネルなど11ものサイトで公開されました。
そして4月16日(木)からは世界配信が決定しました!


さらにキャラクターデザインの5名が発表されました。
メインキャラクターデザインは『天元突破グレンラガン』や『キルラキル』の監督としても有名な今石洋之さん。
クローンヤクザなどのサブキャラクターのデザインには芳垣祐介さん。
女子高生ニンジャ「ヤマト・コキ」のデザインをsaitomさん。
ジャーナリスト「ナンシー・リー」のデザインに稲戸せれれさん。
「ドラゴン・ユカノ」のデザインに信じろさんが発表されました。

シリーズ構成には雨宮哲さん、脚本には佐藤裕さん、音楽は浜崎あゆみさんなどの数多くのアーティストの楽曲を手掛けてきた大澤伸一さんが、そしてアニメ楽曲に精通するTeam-MAXの藤澤健至さんが担当する。


アメリカを始め、30ヵ国以上で配信を予定している本作。
日本では2016年から地上波テレビシリーズといて放送も決定した。

日に日に期待が高まる中、今後の情報にも注目したいところです。



Twitterから始まったという異色の小説『ニンジャスレイヤー』。
本作は、米国のブラッドレー・ボンドとフィリップ・N・モーゼズがTwitterで発表する小説を、日本チームが翻訳して配信されています。
そして、それらが書籍としてまとめられ刊行されています。

ニンジャスレイヤー殺(1) (シリウスKC)

近未来の日本を舞台に、ハードな展開を見せる本作ですが、日本の文化を少し勘違いした表現や、独特の言い回し(翻訳)により、多くのファンを獲得している。



【イントロダクション】
ニンジャ抗争で妻子を殺されたサラリマン、フジキド・ケンジ。
彼自身も死の淵にあったそのとき、謎のニンジャソウルが憑依。
一命をとりとめたフジキドは「ニンジャスレイヤー」
――ニンジャを殺す者となり、復讐の戦いに身を投じる。
近未来都市ネオサイタマを舞台に、ニンジャスレイヤーvsニンジャの死闘が始まった。
マッポーの世に救いは無いのか?
走れ、ニンジャスレイヤー、走れ!



【スタッフ】
原作:「ニンジャスレイヤー」(発行元:株式会社KADOKAWA エンターブレイン)
著者:ブラッドレー・ボンド/フィリップ・N・モーゼズ
翻訳:本兌 有/杉 ライカ
キャラクター原案:わらいなく
シリーズディレクター・シリーズ構成:雨宮 哲
脚本:佐藤 裕
キャラクターデザイン:今石 洋之/芳垣 祐介/saitom/稲戸せれれ/信じろ
美術監督:勝田 聡/李 暎宰(QREAZY)
色彩設計:長尾 朱美(Wish)
撮影監督:柏木 健太郎(アスラフィルム)
ラジオプレイ・アニマティクスエディター:土田 栄司
メインテーマ:BOOM BOOM SATELLITES
音楽:大沢伸一/藤澤健至(Team-MAX)
音楽制作:スターチャイルドレコード
音響監督:郷 文裕貴
音響制作:grooove
アニメーション制作:TRIGGER
製作:ニンジャ委員会



【キャスト】
ニンジャスレイヤー:森川智之
ダークニンジャ:速水奨
ナンシー・リー:斎藤千和
ヤモト・コキ:雨宮天
ユカノ:種田梨沙
ラオモト・カン:津嘉山正種
クローンヤクザ:玄田哲章
ナレーション:ゴブリン



【プロモーションビデオ】





【関連サイト】
■TVアニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』公式サイト
 http://www.ninjaslayer-animation.com/





よろしければランキングのご協力お願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。